郡中御影(ぐんちゅうごえい)

郡中御影報恩講(なすびの報恩講)
郡中御影報恩講は毎年7月23日、小松の6つのお寺《勸歸寺(かんきじ・東町)、本覺寺(ほんがくじ・寺町)、 本光寺(ほんこうじ・本折町)、本蓮寺(ほんれんじ・細工町)、稱名寺(しょうみょうじ・西町)、勝光寺(しょうこうじ・東町)》が順番に会場の当番を務め、小松教区全体からたくさんの方がお参りされ、盛大に法要が勤められています。
 かつては石山合戦の直参18道場が会場であったという説もあります。

 郡中御影報恩講は、以前は8月23日にお勤めされていました。小松ではちょうど野菜の秋なすびが採れ始める時季であることから、地元では「なすびの報恩講」(なすびのほんこさん)として親しまれています。

二幅(にふく)の御影
「なすびのほんこさん」では、郡中御影である二幅の御影を必ずお掛けします。

 この二幅の御影は、本願寺第十二代教如(きょうにょ)上人から能美郡四講(のみのごおりしこう)[現在の小松教区]へ交付されたものです。
 お一人は浄土真宗の宗祖である親鸞聖人、もうお一人は教如上人の実父である本願寺第十一代顕如(けんにょ)上人です。普段は勧帰寺に保管されており、小松市の指定文化財にもなっています。

 お軸の裏には【文禄四乙未(1595)年十月十九日 加州能美郡四日講惣道場物也】とあります。そのころの小松教区は224の村からなる四日講と呼ばれる講組織でした。

 【惣道場物也】と記されているのは、特定の寺院や道場ではなく、この能美郡の四日講全体を1つの道場として、その御門徒全員に届けられたお軸であることがわかります。

郡中御影について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

郡中御影が能美郡に交付された経緯について、分かりやすくスライドアニメにした『教如上人と郡中御影』です。興味がある方はどうぞご覧ください。

このスライドアニメは、小松教区で2013年7月22日に行われた教如上人400回忌法要に併せて制作されたものです。