大谷婦人会

2016.9.24
「小松教区大谷婦人会報恩講」が厳修されました。

常磐会館(小松教務所)において、教区大谷婦人会報恩講が執り行われました。
200名を超える会員が『正信偈』を唱和し、そのあと午前と午後にわたり中村薫氏のご法話を頂きました。
参加した方々からは次のような感想が寄せられました。

●中村先生のお話は、わかりやすく心に染み込んできた。

●金子みすゞさんの詩から、自然と念仏と出会うことの大切さをお話し下さいました。

●毎日、損得をはかっている自分に、気づかされた。

●仏教講座にはあまり縁がなくて足がむきませんでしたが、今回出席し、
 先生もわかりやすく話してくださいましたので、大変勉強になりました。

●法座は難しいお話をしているものと思っていたが、今回すーっと入ってきて、
 また聞きに来たいと思った。

●「聞法は足を運んで聞くもの」とお話しされた。 
 これからも聞法の会にご縁を頂けることを念じています。

講師の中村 薫 師
満堂の中、婦人会長さんの挨拶!
後ろから見ても
横から見ても満堂です!
皆さんのご聴聞されている様子